治療器具

【歯科に行こう!】インプラントで歯を補える歯医者ナビ

人工歯を固定する

待合室

歯周病や虫歯等で、歯を抜歯することになった際に大阪の歯科ではインプラントや入れ歯を活用して人口歯を取り付けます。人口歯を取り付けることにより、歯の機能を補うことが可能です。インプラントとは、抜歯した歯のあった隙間に、インプラントといわれる歯の固定道具を取り付けます。歯茎に取り付けることにより、歯を強力に固定します。その固定したインプラントに人工歯を取り付けることでほぼ、自分の歯のように扱うことができるのです。ただ、インプラントにも少なからずリスクがあります。インプラントは固定力の高さが特徴ですが、管理を厳かにすると、取り外れてしまうことがあります。そのため、大阪の歯科で管理してもらうことが大切です。

一般的に入れ歯を取り付けると固い物を食べにくいといわれています。ただ、インプラントなら自分の歯のように扱うことができる他、インプラントの人工歯にも力を加えることができるため、噛む力を高めることができるのです。インプラントに取り付けられる歯の多くは他の歯と変わらない見栄えの物が多いことから、インプラント治療を行ったことにほとんど気づかれません。インプラントは周囲の歯に力を加えないため、他の歯を維持しながら、活用することが可能です。インプラント治療を行う際は大阪の歯科に行き、入れ歯とインプラント、どの方法で人工歯を取り付けるといいか詳しく確かめてもらいましょう。入れ歯やインプラントにはそれぞれ特徴があるため、よく把握して、人工歯を取り付けてもらうことが大切です。大阪の歯科によっては歯の状況をみて、自分で決められることもあります。