治療器具

【歯科に行こう!】インプラントで歯を補える歯医者ナビ

虫歯の治療

診察台

虫歯の治療には痛みが伴うこともあってか、虫歯だと分かっていても茨木の歯科に行かない人がいます。ただ、虫歯を放置しておくと削るだけでは対処できず、神経を取り除くことになります。神経を取り除いても虫歯が治療できないときは、虫歯を抜歯する必要があります。そのため、虫歯により歯が痛みという時や歯に違和感があるという時は一度茨木の歯科に行ってみるのも一つの方法です。虫歯になると歯が痛み他に染みることもあります。虫歯の初期症状として、白く濁ることがあげられます。歯の表面が白く濁っている時は虫歯の可能性があるため茨木の歯科に行きましょう。この虫歯の時だと、削ることもなく治療することが可能です。歯磨きで治すこともできるため、一度、茨木の歯科に診てもらうことが大切です。

黒ずんでいる時は虫歯が歯の内部にあるエナメル質という物質に影響を与えている可能性があります。エナメル質に虫歯が侵食すると、染みることになるため、虫歯だと気づく人の多くがこの段階で気づきます。エナメル質に虫歯が行っている際は削らないといけません。ただ、削る範囲もそこまで深くないため、痛みは伴うとしても少量のことが多いです。ただ、虫歯がさらに深くなると、削る範囲も増え、詰め物治療を行う必要があります。それだけでなく、虫歯により痛みが起こり、激痛が伴う可能性があります。さらに痛みが出るのが神経まで虫歯が達したときです。治療にもどうしても神経に触れるため、痛みが伴います。